テーマ:接骨について

足関節のリハビリテーション

足首を怪我した後、1日でも早く家庭や社会復帰をする為には、治療と並行してリハビリテーションを行うことが大切です。 怪我の程度により足首の運動を始める時期や期間は異なりますが、ある程度痛みや腫脹が軽減したら、痛みの出ない範囲で、少しづつ様子を見ながら始めると良いでしょう。 ご参考までに、一人でもできる簡単なアスレチック・リハビリテ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

脊椎圧迫骨折について

骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折(こつそしょうしょうせい せきついあっぱくこっせつ)についてお話します。 閉経後の骨粗鬆症の方で、頻度が高いものに脊椎圧迫骨折があります。通常は椎体の前方が潰れた状態で骨癒合します。 明らかな外傷や誘因なくても生じることがあり、骨折が診断されず放置される例も少なくありません。 70歳以上の高齢女性の持続する腰痛…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

腰痛の予防及び対処法

昨日に続きまして、腰痛についてです。 腰痛の予防法 「当たり前のことですが、ストレッチや歩行などの適度な運動、睡眠等の休養、そして偏りのない食事が基本です。 「腰痛の原因が分からない!」と当院を受診される方もおられますが、お話を伺うと上記3本柱が大切な事は分かっていても、普段の生活ではやはり仕事や家族の事が優先となり、知らぬ間にご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足関節捻挫の治療法~テーピング②~

前回のお話の続きです。<1・2診目はこちらからこちらをどうぞ。 3診目 平成22年1月9日(受傷12日目) 患部の腫脹がさらに軽減。外果周囲の痛み消失。内側部に腫れがやや残存。 傷めた足に体重が全て乗せられるようになりました。 引き続き、鍼灸、赤外線、マッサージ、インディバ治療を行いました。 関節の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足関節捻挫の治療法~テーピング①~

本日は足首の捻挫で当院を受診された方の治療経過をご紹介します。 (ご本人には承諾を得ております) 23歳 男性 平成21年12月29日正午、テニスのプレー中に他人の足の上に乗り、足首を捻った際に負傷する。 1診目 平成21年12月29日(受傷1日目) 受傷当日、整形外科を受診。レントゲン検査を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足関節捻挫(そくかんせつねんざ)について

足関節は脛骨(けいこつ・すねの骨)、腓骨(ひこつ)、距骨(きょこつ)、踵骨(しょうこつ・かかとの骨)と周囲の靭帯、関節包(かんせつほう)、筋肉の腱がサポートする形で構成されております。 足関節の外側にある靱帯は、いわゆる足首の外果(外くるぶし)と距骨、踵骨を繋いでおり、前方から①前距腓(ぜんきょひ)靱帯 ②踵腓(しょうひ)靱帯 ③後距…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

干渉波治療について

当院で使用している、干渉波(干渉電流型低周波)治療器をご紹介します。(日本メディックス社製)・・・ホームページより抜粋(現在は、新型の製品が掲載されております。) 当院では、女性用の治療着をご用意させて頂いております。 干渉波治療器は、1948年にオーストリアの医師ハンス・ネメック博士により発明され、ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テーピングについて

テーピングとは ①解剖学、生理学的な身体特性 ②運動機能上の特性 を考慮し、身体各部(関節・筋肉など)に粘着性テープ(adhesive tape bandage)を貼布する方法です。 テーピングの始まりは、ヨーロッパともアメリカともいわれています。詳細は不明ですが、1880年代にはアメリカの軍医たちによって、捻挫などをした兵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

応急手当~RICE(ライス)処置など~

こんにちは。古屋です 本日はスポーツの現場や日常生活でよく遭遇する外傷の応急手当についてまとめてみました ①すり傷 (1)水道水などで土や泥をよく洗い流す。 (2)オキシドールなどの消毒薬で消毒して細菌の感染を防ぐ。 (3)清潔なガーゼもしくは絆創膏を当てておく。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

捻挫について

1、捻挫とは 捻挫とは文字通り関節を「捻り挫く(ねじりくじく)」事を言います。 捻挫は関節の可動の許容範囲を超えた動きが強要された時に生じる為、関節を包む関節包(かんせつほう)や骨と骨を繋ぐ靭帯など、関節周りの軟部組織の損傷が大なり小なり必ず起こります。 そして、その多くは損傷した部位に痛みや腫れ、熱感等の炎症反応が出現します…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

肘内障(ちゅうないしょう)の治療

昨日のお話の続きです。「肘内障」は小児(2~6歳)に多く、突然(大泣きし)腕を動かさなくなります。このような時は肩や手首の関節ではなく、たいてい肘の関節に亜脱臼が起こっ ています。 「肘内障」は年齢や発症機序などの問診や、肘関節の発赤・腫脹がない事から判断できます。 肘内障は亜脱臼もしくは脱臼ですから、整復することで治ります。 整…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肘内障(ちゅうないしょう)とは?

先日、「右腕を下げたまま手を使わなくなった。」と、2歳のお子様をつれて来院された方がおられました。その方にお話を伺うと、何気なく腕を引っ張った後から急に症状が出たとの事です。 そのお子さんの腕をよく観察すると、腕に腫れや熱感などはありませんでした。けれど少しでも肘を曲げようとすると泣きそうな顔になってしまいます。 肘の関節は肩から肘…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管狭窄症を克服 ~東京マラソンを完走!!~

昨年11月、大学病院にて脊柱管狭窄症(せきちゅうかん きょうさくしょう)の診断を受けられた方が、12月に当院を受診されました。 そして鍼灸治療等を継続した結果、本年2月27日、東京マラソンにて見事42.195㎞を走り切ることが出来たそうです 完走された方に贈られる、記念メダル 先日、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜明け前の、肩関節脱臼

都合により、昨晩は帰宅せず治療院に泊まったのですが、 その事が、幸いする出来事がありました 朝5時に雑務を終え眠りについた瞬間、1本の電話が入りました。 その内容は「就寝中に、息子さん(20代)の肩関節が外れてしまった」との事。 彼の肩はもともと野球による怪我で、習慣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第19回 日本柔道整復整骨医学会 学術大会

平成22年9月19日、Maxとき はくたか号 富山市内路面電車/環状線セントラムと乗り継ぎ・・・ 到着したのは富山国際会議場。 第19回柔道整復接骨医学会 学術大会(全国大会・年1回開催)に出席して参りました。 柔道整復接骨医学会は柔道整復術の科学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第18回柔道整復整骨医学会 学術大会

平成21年11月22・23日に大阪で行われた第18回柔道整復整骨医学会 学術大会に出席して参りました。 場所は大阪市天王寺にある大阪国際交流センター。広くてゆったりでした 沢山の業者による展示コーナー。 私が勤務していた清野鍼灸整骨院スタッフの先生の発表風景 他にも恩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more