春は寝坊?

こんにちは東海です
先日の院長の日記でもありましたが、暦の上ではもう春ですね

春、と聞くと

どうしてか『春眠暁を覚えず』のフレーズが思い出されます。

孟浩然の漢詩ですね


『春眠暁を覚えず 処処諦鳥を聞く 夜来風雨の声 花落つること知んぬ多少ぞ』


:春の眠りは心地良く、うっかり寝過ごしてしまい、夜明けに気づかない。
目覚めてみると、ところどころ鳥がさえずり天気が良さそうだ。
そういえば、昨夜は風雨の音がした。せっかくの花がどれだけ落ちてしまったことか。


と、私は解釈していましたが‥


もうひとつの解釈は

院長の日記の通り
日の出の時刻が早くなっています
お正月から比べると、4月は約1時間半も早く夜が明けます


それより、
:春になりいつも起きる時刻よりも夜明けが早くなったために、
夜明けに目覚めることが出来なくなった。

鳥のさえずりも、昨夜の風雨で落ちたであろう花も心配だけれど、
そんな心配も春になった事を実感する。

と言った内容になります

ひとつの文章も考え方で随分と変わるものですね

私生活での事柄も捉え方ひとつで変わってくるものも多いのではないでしょうか

春の寝坊を暖かさのせいにするか否か‥‥朝の弱い私にとっては教訓となる詩です



画像


我が家の愛犬です


この寝顔を見ていると、彼女(犬)には春の訪れの実感もまだまだ先のようです


当院のホームページはこちらから

東海

"春は寝坊?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント