平成25年1月13日(日) 鍼灸師・鍼灸学生の方対象~研修会のお知らせ~

来る平成25年1月13日(日)に「第51回たには会関東支部研修会」が実施されます。
会員以外の方の参加も受け付けております。
鍼灸業界の方、その他の医療関係者および学生の皆さんも奮ってご参加頂ければ幸いです。

なお、平成25年1月13日(日) 13:00~14:40に参加無料市民公開講座
開催させて頂きます詳細はこちらをどうぞ

こちらはどなたでもご自由にご参加頂けます。
鍼灸医学・医療の普及活動にご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。

たには会関東支部 支部長 小高 靖 拝

                     ●第51回たには会関東支部研修会●

内 容:①「体表医学の到来と鍼灸医療 – 最近の皮膚科学の知見から鍼灸を見つめ直す - 」
      講師 明治国際医療大学 教授 矢野忠先生

    ②「変わり行く社会保障制度の中における鍼灸院・接骨院の立ち位置
       - あなたは国の方針に目を向けていますか - 」
 
      講師 たには会関東支部 名誉支部長 清野充典先生

日 時:平成25年1月13日(15:00 ~ 17:00

会 場:中小企業会館9階講堂
    〒104-0061 東京都中央区銀座2-10-18

会 費:会 員 1,000円
    会員外 2,000円

主 催:たには会関東支部


当日の受付をスムーズにする為、あらかじめ予約が必要となります。

参加ご希望の方はお手数ですが、第51回たには会関東支部研修会に参加希望の旨を記載の上、
以下の内容を「たには会」関東支部事務局まで、ご連絡頂けると有難く存じます。

●氏名、ふりがな
●現住所
●電話番号、FAX番号
●メールアドレス
●勤務先(学生の場合、学校名)
●勤務先住所
●勤務先電話番号
●今後の研修会開催案内の希望の有無(希望する、希望しない)

「たには会」関東支部局 メール kanto-taniha@blue.vecceed.ne.jp 電話 042-481-3770 FAX 042-489-3990
※たには会とは、明治国際医療大学鍼灸学部(明治鍼灸短期大学・明治鍼灸大学・大学院)の同窓会です。
画像

【内容要旨】

①「体表医学の到来と鍼灸医療 ~最近の皮膚科学の知見から鍼灸を見つめ直す ~ 」
講師 明治国際医療大学 教授 矢野忠先生

最近の皮膚科学によって、皮膚にはとてつもない機能が有るということが分かってきました。皮膚は、これまで「革」として捉えられてきましたが、その機能は身体を保護する革袋としての役割をはるかに超えて、生体の防御器管として、また生体内外の情報を交流するインターフェースとして機能しています。一方、体表を診察と治療の場としてきた医療が、鍼灸です。本研修会では、最近の皮膚科学の知見を紹介しつつ、鍼灸を見つめ直し、鍼灸の特質について皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

②「変わり行く社会保障制度の中における鍼灸院・接骨院の立ち位置 ~あなたは国の方針に目を向けていますか ~ 」
講師 たには会関東支部 名誉支部長 清野充典先生

世界で、いち早く高齢化社会となったフランスは高齢社会となるまでに115年を要したが、日本は1970年に高齢化社会になってから高齢社会に至るまで、僅か24年しか経っていない。出生率が年々、低下していることも関係しているが、これは異例のスピードである。厚生労働省は、これらの背景により新しい社会保障システムを推し進めるため、保健・医療・福祉の制度に対し、様々な法改正を行ってきた。変化する社会保障システムに、鍼灸院・整骨院はどの様にして貢献できるのか。私見を交え、皆さんと共に考えたい。
※「高齢化社会…高齢化率7% - 14%」「高齢社会……高齢化率14% - 21%」「高齢化率…65歳以上の人口が総人口に占める割合」


小高鍼灸院 接骨院
P Cサイトはこちらからどうぞ
携帯サイトはこちらからどうぞ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック