我慢しなさい!~『龍馬伝』千葉佐那先生のお言葉~

7月18日(日)放送、『龍馬伝』(第28回「新天地、長崎」)の冒頭に映されたお灸のシーンは大変面白かったですね

東京・千住の『千葉灸治院』で、岩崎弥太郎(香川照之さん)が、胃の痛みに対して先日のブログでご紹介させて頂いた胃の六つ灸(生姜灸)を受けています。

「龍馬が変わってしまった」という話に夢中になる千葉佐那(貫地谷しほりさん)先生。

お灸で熱がる岩崎弥太郎氏に一喝

「我慢しなさい
画像
「弥太郎さん。危ないから、動かないで下さい今、ずらしますから

当院のホームページの動画でも、ご紹介しておりますが、一言でお灸と申しましても、その方法は様々です。
画像
こちらは、当院で最も良く用いる方法で、透熱灸(とうねつきゅう)と言います
身体が冷えている方(体力が消耗している方・冷え性の方・脚がむくんでいる方)
症状が頑固の方
などに、用います。

お米の半分の大きさで、8分目程度で消しますので皮膚に跡が残りません。
後から、身体がぽかぽかしてくるので気持ち良いですよ。

画像
こちらは 灸頭針(きゅうとうしん)と言う方法です
文字通り、針の頭にお灸をつけ、輻射熱で身体を温め鍼治療の効果を高めます。深部まで、ジワジワと熱が伝わり、気持ちよいですよ。

画像
こちらは、綿花灸(めんかきゅう)と言います
頑固な鼻炎(花粉症等)の方に用います。大きな灸で見た目はインパクトがありますが、熱くなったらどかしますのでご安心を。

ドラマに出てくる生姜灸(しょうがきゅう)は、生姜の発汗作用を利用して、腹痛、下痢、関節痛などに用いられます。

綿花灸と生姜灸は、お灸と皮膚との間に物を挟むので、隔物灸(かくぶつきゅう)と言う方法に分類されます。

龍馬伝』(第28回「新天地、長崎」)を見逃された方は、7月24日(土)お昼から再放送がありますよ

当院の先生は、千葉佐那先生のような無理強いをしませんのでご安心下さい
(当院の治療風景をご紹介した動画はこちらからどうぞ
画像


小高鍼灸院 接骨院
P Cサイトはこちらからどうぞ
携帯サイトはこちらからどうぞ

小高

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック