踵の痛み~1塁ベースを駆け抜け負傷~

時々、プロ野球を見ていると1塁を駆け抜けようとベースを強く踏み込んだ時に、選手が太ももの裏を肉離れさせたり、踵を傷めたりするシーンを見かけることがあります。

全力で行なうからこそ起こりうる怪我なのですが、私も先日の野球の試合で同様にを傷めてしまいました。あと少しでセーフだったのですが・・・
画像
試合が終わるとすぐに、10分ほどアイシングを行い炎症が最小限で済む様、努めました。
そして翌日には、東海先生にお灸をしてもらいました。鍼と同じくお灸も炎症を早く引かせる効果があります。
鉄は熱いうちに打てのごとく、こういう怪我は早く対処する事が大切です。
「身体がなんとかせなあかん」と感じている時に乗じて、治療を開始すると効果が早く得られますし、回復も早まるのです。

当院では慢性的な踵の痛み(足底筋膜炎)に悩まされ、来院される方も沢山おられます。慢性的な症状の場合は、必ずふくらはぎの筋肉の疲労や筋肉の質(柔軟性)の低下もありますので以下の治療の他にも、そのような場所に鍼治療マッサージストレッチを併用すると効果的です。
画像
お米の半分の大きさにもぐさを捻り、8分目で火を消します。“チクッ”と感じますが、お灸が大好きな私にとってはむしろ心地よい感覚です。
画像
その後、踵を保護するためのテーピングをしてもらいました。
画像
踵を包み込むように、2本のテープを貼り完成です。(症状によっては、もっと補強する場合もあります)
お陰さまで通常の生活には全く支障なく過せ、今ではテープなしでも痛みは出現しておりません

東海先生有難うございました

小高鍼灸院 接骨院こちらからどうぞ

小高

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック