足関節捻挫について(古屋先生)

足関節(足首)は最も捻挫しやすい関節です。足関節は脛骨(すねの骨)、腓骨距骨(脛骨、腓骨と、かかとの骨と足の甲の骨をつなぐ骨)によって成り立っていて、関節の周りは靭帯、筋肉が覆い、サポートしています。
画像


捻挫は関節周囲の軟部組織(靭帯(じんたい)や関節包(かんせつほう))の損傷の総称なので、単に筋を伸ばしたという程度から重要な靭帯の損傷まで起こり、また、靭帯はロープのように細い繊維を束ねたような構造になっていて、その一部が切れて伸びた状態から、全部が切れて断端が離れてしまった状態まで、加わった衝撃の大きさによって損傷程度は変わってくるので、一言で捻挫といっても様々な病態があります。
画像


足関節捻挫は内反捻挫(ないはんねんざ)外反捻挫(がいはんねんざ)の2つに大きく分けられます。足関節捻挫のほとんどは、足関節の外側の靭帯をいためる内反捻挫で、ジャンプして着地に失敗したり、走っていて溝に足を取られたりした時に、足首を内側にひねってしまった事が、みなさんの多くが一度や二度経験した事があると思います。
画像


内反捻挫が多いのは、外果(外くるぶし)が、内果(内くるぶし)よりも低いところに位置しているというような構造上の特徴などにより、足首が内反しやすいからです。
画像


内反捻挫の大半は、外側靱帯損傷を生じます。足関節の外側靱帯は、いわゆる足首の外果(外くるぶし)と距骨、踵骨(かかとの骨)を繋ぐ靱帯で、前方から、前距腓靱帯、踵腓靱帯、後距腓靱帯で構成されています。これらは、足関節の関節包靱帯を補強し、足関節の動きを制御する働きがあります。軽度の内反捻挫では、前距腓靱帯のみの損傷であることが多く、外果前面(外くるぶしの前)辺りに圧痛と腫れがみられます。重症になると、前距腓靱帯と踵腓靱帯が断裂し、関節包靱帯も損傷します。関節包靱帯の損傷を伴うと、出血や腫れが顕著となり、足が着けないほどの痛みとなります。

重症になればなるほど長期の固定が必要になり、固定が長期におよぶと足関節が硬くなって可動域が狭くなるため機能回復に弊害が生じてくるため、適切な処置のを行う事がより重要になります。

画像
足関節捻挫の実際の治療法については⇒こちらからどうぞ

小高鍼灸院 接骨院へームページ
こちらからどうぞ

古屋

古屋 茂晃先生は、現在、山梨県北杜市長坂町夏秋951-3 にて開業されています。
コンディショニングセンター白樺鍼灸整骨院ホームページこちらからどうぞ
高速道路「長坂IC」から南に500m。TEL 0551-45-9078
八ヶ岳のふもとに位置し、甲斐駒ヶ岳を望む大自然の中で皆様の健康をサポート

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック