高齢者ケアとしての鍼灸

本日は東海がブログを担当させて頂きます
現在、我が国の総人口は約1億2750万人、高齢者推計人口は2.898万人で、その割合は22.7%を占め、まさに超高齢社会となっております。そして2025年になると、その割合が39.6%(約4割)に達するとされています。
この様に、日本は平均寿命が世界一の長寿国を維持し、長寿高齢者が増え続けております。

そして高齢者の中には加齢とともに、心身に起こるさまざまな苦痛(症状)をお持ちの方が少なくありません。
全身が機能低下し、運動器だけでなく内臓などにも何らかの症状が現れる方もおられます。
また、それらが進行し自立性が低下すると、介助・介護を要する方の割合も増えていきます。

当院でも高齢者はもちろん、
高齢者の介護により身体症状が出現している方が、来院される例も増えております。
その中には、家族の介護と仕事の両立を余儀なくされている方も少なくありません。
画像

3月8日の院長のブログにもありました症状別有訴者率(ゆうそしゃりつ)ですが
2007年の高齢者の場合は、
1位 腰痛(19.8%)、2位 手足の関節痛、3位 肩こり の順となっており、
他には目、耳、手足の動き、皮膚感覚、胃腸、排尿などの症状も多くみられます。
画像

介護を必要としている高齢者の方や、まだそれまでには至ってない方に対する鍼灸治療の効果として
身体の苦痛の軽減や除去はもちろん、それによって生じている疲労や倦怠感などの全身症状、気分・食欲・睡眠の改善も期待できます。
”痛みが取れる”という治療効果は、姿勢や動作の改善にも繋がり、生活の幅や質を向上させるのです。
画像

当院を利用される方の中にも
ご家族に支えられながら通院し始め、今ではしっかり歩ける様になられた方や、
腰痛により車椅子でお見えになられ、数回の治療で押し車や杖を使って来院できるようになられた方などがおられます。
画像

また、治療を受けられた方の感想として「足が軽くなった」「歩くのが楽になった、しっかりした」「歩く距離が伸びた
という様な、歩行状態の改善を喜ぶ声も多く耳にします。
画像

このように鍼灸治療は、転倒やそれに伴う骨折を予防し、寝たきりに陥る危険を減少させるので、介護予防の一環としても効果が期待できるのです。
画像

当院では一部保険診療のほか相模原市のマッサージ助成券の取り扱い、駐車場の完備や駅から徒歩1分の場所に立地している事など、ご高齢の方にも通院しやすい環境を整えております。

お分かりにならないことがあれば、お気軽にお問い合わせ下さい。


これからも
高齢者の方や、ご家族の方の一助となるよう努めて参ります。

小高鍼灸院 接骨院
P Cサイトはこちらからどうぞ
携帯サイトはこちらからどうぞ

東海

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック