腰痛の原因

当院のホームページに「症状別ご案内」という項目を新たに設け、「腰痛について」の記事を掲載させて頂きました。
本日はその内容をブログの話題とさせて頂きます。
画像
ホームページには、新たにこんなかわいいキャラクターが登場しております

画像
かなめ・重要な部分」を意味する「」に「身体や臓器」をあらわす「」を組み合わせると「」という文字になります。ご存知の通り、腰は身体の中心に位置するとても重要な場所です。腰は手足の動きの土台となる他、上半身の重みを支える為、座る・立つ・歩く・走るといった全ての行動に関与し、どの体勢でもそれなりの負担がかかります。その為、約80%の人が一生のうちに一度は腰痛を経験すると言われ、鍼灸治療でも最もよく取り扱われる疾患の一つとなっています。
画像


腰痛の原因

① 筋肉・神経・関節への急激な負荷や過度の緊張と疲れ
運動不足、全身疲労、睡眠不足、肥満、冷えなどで、筋肉の血行が悪くなると、筋肉の質(柔軟性)が低下する為、腰痛が発症しやすくなります。
画像
長時間の同じ姿勢や無理な体勢から次の動作に移る時・重いものを中腰で持ち上げた時に傷めることが多いようです。生活が不規則で疲れが溜まっている時、体力が落ちている時などは、不用意に体をひねったり、顔を洗う為に前傾姿勢をとったり、シャワーを浴びている最中など、思わぬ時にも発症してしまいます。合わない靴や女性ではハイヒールなどを履き続けると腰に余計な負担が掛かりますのでご注意下さい。
冬、あまり身体を動かされない方が、暖かくなり始めた春先に、庭仕事を始めてぎっくり腰になるということもよくあります。この時季は寝違えて首が回らなくなる方も多いような気が致します。

②肥満が原因の場合
太っている方は標準体重の人に比べると、重い荷物を背負っているような状態とお考え下さい。その人のベストな体重は個人差もありますが、特に腹筋の弱い方、お腹周りの脂肪が多い方は、腰の前弯が強くなり腰の負担が増強します。日頃の生活を見直し、まずはこれ以上体重が増えないよう心がけましょう。
画像
そして少しづつ体操や歩く量を増やし、自然に身体が引き締まれば理想的です。間食をやめ、よく身体を動かす→体脂肪が減る→身体の体積が減る→身体の隅々に血液を送る心臓の働きが減る→生活習慣病といわれる、高血圧や糖尿病の予防にも繋がります。ただし急激に痩せようと食事制限などを厳しくすると、逆に体力を落としてしまいます。慌てず焦らずゆっくり確実に

③冷えが原因の場合
クーラーや冷たい飲食で身体を冷やしすぎると、血流が悪くなり、内臓の働きが低下します。もともと冷え性の方、冷えに弱い体質の方は特にお気をつけ下さい。冷えが原因と思われる方は男女を問わず非常に多く、このような方は腰痛に限らず、食欲がない、足がむくむ、熟睡できない、風邪を引きやすい、なんとなく身体がだるいなど、身体全体の不調も合わせてお持ちのようです。
画像


④女性特有の原因の場合
女性では月経時や排卵時にも腰痛が起こる事があります。

それではこれらの原因について、どのような対処法があるでしょうか。
腰痛の予防及び対処法について⇒こちらからどうぞ

小高鍼灸院 接骨院へームページ
こちらからどうぞ

小高 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック