インフルエンザワクチン接種後に感染

ワクチン接種後に感染、死亡=国内初、新型インフル-30代女性看護師・鹿児島
11月25日19時48分配信 時事通信

 鹿児島県は25日、新型インフルエンザに感染した30代の女性看護師が死亡したと発表した。女性は10月下旬に医療従事者として新型インフルエンザワクチンを接種。厚生労働省によると、ワクチン接種後に新型インフルに感染し、死亡が確認されたのは国内初という。職場や家族らに感染者は出ていない。女性は甲状腺機能低下症などの基礎疾患(持病)があった。
 県健康増進課によると、女性は11月上旬には、季節性インフルエンザワクチンも接種。20日までは通常通り勤務していたが、21日に40度近くまで熱が上がり、医療機関を受診、簡易検査でA型陽性と判明した。タミフルを処方されたが、25日にインフルエンザ脳症で死亡した。女性は一般的にワクチンの効果が出始めるとされる接種3~4週間後に感染したことになる。ただ、同省は持病により免疫力が低下している場合は、ワクチンの効果が十分得られない可能性があるとしている。

画像
 
医療従事者としてご活躍されていたのに、さぞかし無念だったことと存じます。
ワクチン接種や抗ウィルス薬の進歩で多くの方が救われているのは周知の事実。

けれど、合わせて必要なのは自分自身の抵抗力だということを思い知らされます。

まだまだ油断できない日々が続きます。当たり前の事ですがワクチンを接種しても安心せず、日々の生活に気をつけたいものです。

ご存知の通りインフルエンザは飛沫感染以外にも、手指を介して接触感染します。
手洗い・うがいは感染を防ぐ上で非常に重要です。もちろん睡眠(休息)や食事(栄養)も大切です。

余力のある方は適度な運動も習慣付けたいですね。

インフルエンザの症状は悪寒、倦怠感、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が強く、合わせて、のどの痛み、鼻汁、せきなどの症状も見られます。基礎疾患がある方・妊婦・乳幼児・高齢者では肺炎や脳炎などを合併することもあり、最悪の場合は死に至ることもあります。

一方、普通のかぜの場合は、のどの痛み、鼻汁、せき、くしゃみなどの症状が中心で、一般的に軽度です。
全身症状はあまり見られず、発熱もインフルエンザほど高くありません。

インフルエンザ検査発病後1日以内は感度が低いというデータもあるようですが、
抗インフルエンザ薬発熱後12時間以内が理想的、24時間以内が十分有効、48時間を越えると効果に乏しいというデータもあります。
発熱して半日程度経過しているのであれば、検査をしてもらった方が安心ですね。

インフルエンザかなそう思われたらこちらもご覧下さい。(厚生労働省のサイトです)初期の対応が分かりやすく書いてあります。

もし発熱後24時間以内に検査をして陰性であっても、症状が改善しないようならもう一度検査すると、陽性となることもよくあるそうです。

鍼灸治療をすると全身の血流がよくなり、酸素を運ぶ赤血球やウィルスや細菌などの外敵と戦う白血球の働きも活発になります。鍼灸治療が自己免疫力を高める治療法と言われるのはその為です。

風邪などの症状に、鍼灸治療を行うと回復が早まります。
風邪などを引かれた方は早期回復の為に、忙しく日頃のお疲れが取れない方はインフルエンザ等の予防として鍼灸治療を合わせてご利用下さい。

小高鍼灸院 接骨院
P Cサイトはこちらからどうぞ
携帯サイトはこちらからどうぞ

当院受付にも手指消毒剤を設置しております。

インフルエンザに関するブログはこちらもご覧下さい

小高



インフルエンザ・ワクチンは打たないで!
楽天ブックス
母里啓子双葉社この著者の新着メールを登録する発行年月:2007年12月登録情報サイズ:単行本ページ数

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?
楽天ブックス
商品副データ常識を覆すインフルエンザ論インフルエンザはありがた由井寅子のホメオパシー的生き方シリーズ

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック